松山の住宅相談は、住宅総合相談センター 松山の住宅相談は、住宅サポート建築設計事務所

メニューを開く

住宅総合相談センターとは?

投稿日:2019年02月12日

「分離発注システム建築」における家づくりは、施主と施工業者さんが

 ウィンウィンの関係が必要!?

 

 

 

施主側にとってのメリット

 

1、無駄な中間マージンをカットする事により、品質を落とすことなくコス

  トダウンが可能!

 

 

2、第三者の専門家(管理会社)による現場管理と現場検査により、手抜き

  工事も防止され、品質の確保も確実となり安心!

 

 

3、各施工業者に直接発注する事により、各施工業者さんがそれぞれ責任を

  持ってくれるために建築後のメンテナンスも安心!

 

 

4、管理会社を入れることにより、工事費の支払い管理をしてもらえ、支払

  いが出来高払いとなり、払い防止にもなり安心!

 

 

施工業者側にとってのメリット

 

 

1、工事の技術指導においては、設計管理会社の専門家がしっかりとした

  工指示書に基づき技術指導するために安心。

 

 

2、施工業者側の最も問題になる工事費の回収が、管理会社の出来高査定に

  より月末締めの翌月末日に施主より現金にて入金される為に、100%

  回収可能で安心。

 

 

 

 

 

 

理想の家づくりは、

「思い通りのプラン」、「高品質の確保」、「可能な限りの建築費の削減」

三つの要素を実現する事にある!

 

 

 

その施主が理想とする家づくりの方法として大きく二つの方法があります。

 

一つはハウスメーカー等が行っている提案型の「メーカー主導型一括発注方式」で、二つ目は施主の夢と希望と、建築士等の専門家集団の知識と経験を融合させる「施主主導型分離発注方式」とがあります。

 

 

「メーカー主導型方式」「施主主導型方式」との間でもっとも大きく違う

 事は建築費です。

 

「メーカー主導型方式」は建築に要する費用以外に「展示場開設運営」「雑誌テレビ等の広告宣伝」「営業担当の人件費」等々多大な経費を必要とする為にどうしてもそれらに伴う建築費の上昇は避けられなません

 

また、そういったメーカーを施主が良い会社として判断してしまう為に、ますます競争となり施主は高額の建築費を支払う事にもなります。

 

 

それに比べて「施主主導型方式」は、施主が中心になって専門家集団と共同して家づくりを行う為に建築費以外の余分な経費を必要としません。

その為、その分品質も落とす事無く建築費がおおきく削減される特徴があります。

 

 

住宅総合相談センターとしては、施主にとって最も有利で安心な「施主主導型分離発注方式」を基本に家づくりを考えて行っています。

 

そのもっとも施主にとって有利な家づくりとなる「施主主導型分離発注方式」を考えて行くと家づくりの手順がすごく大切となり、その手順はまず、「家づくりの準備作業、次に、「家づくりの実施作業」の順になります。

 

 

 

一般社団法人住宅総合相談センターは、母体である株式会社住宅サポート建築設計事務所(一級建築士事務所)と共に家づくりの三つの要素を実現してしっかりと「成功する家づくり」を目的として設立した組織です。

 

住宅総合相談センターは、その家づくりの中で最も大切で重要な「家づくりの準備作業」を行う組織で、実際に「住宅を建築代行」する「家づくりの実施作業」については、母体会社の住宅サポート建築設計事務所(1級建築士事務所)及び各種優秀な施工業者集団が担当しています。

 

 

その家づくりについてですが、「思い通りのプラン」「高品質の確保」も当然大切な事ですが、もっとも難しいことが「可能な限りの建築費の削減」です。

この建築費を削減する最良の方法はいかに無駄を省くかという事になりますが、そのもっとも大きい建築業界の無駄は「流通経費の無駄」です。

 

それを是正すると、「思い通りのプラン」「高品質の確保」をしながら大きく「建築費を減額」する事が可能になります。

その現在の流通に伴う金銭の流れの一例を記すと下表のようになります。

 

この表にあるように、「ハウスメーカー」と建築請負契約する事を「ハウスメーカー主導型一括発注」といいますが、この事を「家を買う」とも表現されています。

 

また、ハウスメーカーや工務店を除いて「サポート会社」(建築設計事務所)を主体として「施工業者」「施主」が工事の施工について直接発注する事を「施主主導型分離発注」といい、「家をつくる」とも言われています。

 

この表を参考にしますと「家を買う」のと、「家をつくる」ことによる流通の省略による「建築費の差額は2割以上」にもなり、ずいぶんの建築費が自然に減額されるという事になります。

 

つまり、品質を変えず、全く同じ家を建築すると考えますと「家を買う」より「家をつくる」方が各業者の「中間マージンをカット」する為に、随分施主にとって有利であることが分かります。

 

施主にとって家づくりのテーマは色々ありますが、最大のテーマは「建築費の削減」にあり、その為に一般の方は沢山の建築業者と商談をし、少しでも「理想に近い家」を、「いかに安く」建築できるかを模索しているのが現状です。

 

そういった事を考えますと、本当に「賢い家づくり」とは、全く自分達の希望を損ねる事無く、家づくりの最大のテーマである「建築費も大きく減額」となると、無条件で「建築設計事務所」及び「優秀な施工業者」を主体とする家づくり「家をつくる」という方法がベストと考えられるでしょう。

 

この方法は誰が考えても施主にとって最良である事は分かりますが、なぜか何処にもこの方法を取り入れた建築業者はありません。

 

それはなぜか?

 

簡単に言いますと、建築業者にとって「思い通りの利益が確保できない」事にあります。

 

そのどの建築業者も行わなかったこのシステムを

「株式会社 住宅サポート建築設計事務所グループ」が現実化しました。

 

一度ゆっくりと検討し、絶対に失敗しない決断をしましょう。

 

 

 

 

 

 

家づくりの準備作業

 

 

家づくりは準備8割、行動2割! 

          家づくりを考え始めたら先ず準備を! 

 

 

一般的に「準備8割、行動2割」と言われていますが、家づくりにおいても同じ考え方で、最も大切なことは「家づくりの準備作業」です。

                    

「家づくりの準備作業」とは、

 

1、家づくりの手順の確認

2、生活に合った資金計画の検討

3、売り土地探しや土地問題の解決

4、希望を取り入れた仮プランの作成

5、建築費の仮見積り(分離契約に準ずる)

6、ペーパークラフト模型の製作

 

の六つが考えられます。

 

 

住宅総合相談センターでは、「思い通りの家を、高品質で、可能な限り低コストで家づくりをする」という家づくりの理想を実現する為に、しっかりと家づくりの準備を行うための「家づくりのシミュレーション(仮計画)」を個別に行っております。

 

この「家づくりのシミュレーション(仮計画)」は1万円(税込)が必要となりますが、その「家づくりのシミュレーション(仮計画)」で行う内容は、

 

 

<1、家づくりの手順の確認>

 

 家づくりはそれぞれの方なりの手順をしっかりと確認する事から始まります。

 何から始めれば思い通りのお家が手に入るのか、十分に手順を検討してからスタートするようにしましょう。

 

 

<2、生活に合った資金計画の検討>

 

住宅を建築し、金融機関よりの借入等を行う場合、長期に渡る返済が必要となります。

その為に将来も見据えた資金計画をする必要性があり、目先にとらわれて決して無理をしない事が今後の生活をも守る事にもなります。

 

 

 <3、土地問題の解決>

 

土地の紹介以外に、土地に係わる法律問題や、権利関係も含めて調査検討を行います。

 

 

<4、希望を取り入れた仮プランの作成>

 

そのプランづくりは、住宅総合相談センターが開発した「オリジナルプランづくりシステム」を利用することにより、思い通りのプランづくりが可能となります。

 

プランづくりの手順)

 

①イメージプラン・・住宅全体の夢や希望をまとめる。

②マル書き・・動線や部屋の位置を家相等考えながら作成する。

収納計画・・各部屋の収納計画を別紙「収納計画書」を参考にして作成。

④マス割・・広さの確定をする事で、大体の住宅の坪数を確定する。

⑤開口計画・・窓を中心に、風と光を取り入れる為のパッシブ計画。

⑥外観・・好みの外観を模型などで確認する。

⑦工法決定・・最終的に最も適した工法を検討。

 

「オリジナルプランづくりシステム」には上記のように七つの手順がありますが、シミュレーション参加者が行う作業は①と③だけ行い、それ以外は住宅総合相談センターの設計プランナーがお手伝いをしながら仮プランを作成します。

 

 

<5、建築費の仮見積り>

 

 自分達の思い通りのプランが完成したら次は建築費です。

 いくら気に入ったプランでも、建築費によっては大きく修正する事になる場合もあります。

 それで、予算とプランのバランスをよく検討しておく必要があります。

 

 

<6、ペーパークラフト模型の製作>

 

 家づくりのイメージを最終確認するには立体的に表現された物を確認する事が一番失敗しない方法となります。

 その為に「家づくりのシミュレーション(仮計画)」においては、ペーパークラフト模型を製作する事により最終の住宅のイメージを確認していきます。

 

 

この「家づくりのシミュレーション(仮計画)」を行う事は、自分達の家づくりに対する考えを確定させることには非常に役に立ちます。

 

家づくりを始める場合、その前に必ずこの「家づくりのシミュレーション(仮計画)」を行いましょう。

 

 

 

 

 

Ⅱ.家づくりの実施作業

 

家づくりの最大の決断が業者決定!

   「家を買う」のか、「家をつくる」のかによって

          業者選択も大きく違ってくる!慎重な決断を!

 

 

 

①株式会社住宅サポート建築設計事務所(1級建築士事務所)

 

住宅総合相談センターの母体である「株式会社住宅サポート建築設計事務所(1級建築士事務所)」が家づくりの「実施作業全てを管理」しますが、その業務内容は、一般的な建築設計を行う業務以外に、分離発注を専門とする「家をつくる」という作業を全面的に応援する体制を取っております。

 

その業務代行内容は、

 

1、設計業務、「施工指示書」の作成

2、施工業者の紹介及び入札業務

3、施工業者の管理

4、施工現場の工程等の管理

5、施工現場の検査による品質確保業務

6、その他「家をつくる」事に伴うすべてのサポート業務

 

があります。

 

 

 

②施工業者の選択、決定

 

「家づくりの実施作業」には、家づくりを行う過程において最も大切な「施工業者さん」の選択があります。

家づくりはこの「施工業者さん」達が建築して行くわけですから、家の全ての良し悪しが「施工業者さん」によって決定されます。

したがって、しっかりとした「施工業者さん」選びが必須となります。

 

また、これら「施工業者さん」の協力が得られてこそ「家をつくる」という作業が実現し、「流通の省略による建築費の減額」も可能となりますから、家づくりにおいて「施工業者さん」は欠かす事の出来ない重要な存在です。

 

この「施工業者さん」の選択は一般の施主には難しい作業ですので、それら作業はサポート会社の「住宅サポート建築設計事務所」が全面的に協力し、技術力やコスト面も考えて施主に紹介します。

 

最終的な「施工業者さん」の決定は、建築予定予算に基づき入札を行い、それに対応する「施工業者さん」を施主に紹介し決定していく事となりますので、現場ごとに「施工業者さん」が入れ替わる事もあります。

 

「施工業者さん」の決定が終われば「サポート会社(建築設計事務所)」は現場着手に従って、施工業者の管理、工程管理、現場監理、検査等を行います。

 

 

 

③住宅のメンテナンス

 

完成後の「メンテナンス」においては、「住宅総合相談センター」においても色々な相談を受け付ける以外に、国が義務付けている「住宅瑕疵担保保険」の加入はもちろん、設計や現場の監理を行った「住宅サポート建築設計事務所」や、実際に施工を行った「施工業者さん」「メンテナンス保証」に参加します。

 

つまり、「一括発注」を選択した場合のメンテナンスは「ハウスメーカー一社が行います」、「施主主導型分離発注」を選択した場合、「多重保証形態」となり、十分の安心感を得る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

住宅総合相談センター、住宅サポート建築設計事務所

グループ構成

 

 

   <家づくりの準備作業> 

  

        家づくりの総合コンサルタント

一般社団法人 住宅総合相談センター

     ・住宅総合相談部門

       家づくり、よろず相談常時無料にて受け付け中!

     ・住宅の総合研究開発部門

       家づくりのハード研究開発、家づくりのシステム研究開発。

 

 

   <家づくり実施作業>

 

株式会社 住宅サポート建築設計事務所

一級建築士事務所 愛媛県知事登録 第3290号

      建設業許可 愛媛県知事 許可(般―29)第17903号

 

     ・建築設計部門

       1級建築士事務所にて建築設計業務。

     ・建築施工管理部門

       分離発注システム建築による総合管理業務。

 

上記2社が、これから家づくりをとお考えの方に対し、協力して失敗しない家づくりを誘導しております。

 

 

 

 

 

 

家づくりの総合コンサルタント

一般社団法人 住宅総合相談センター

松山市土居田町104-1

tel 089-933-0992

fax 089-933-0991

 

株式会社 住宅サポート建築設計事務所

一級建築士事務所 愛媛県知事登録 第3290号

      建設業許可 愛媛県知事 許可(般―29)第17903号

松山市土居田町104-1

tel 089-933-5241

fax 089-933-5242

                    

                                               2017―03

2019年2月12日 投稿|     
お問い合わせ
contact
松山の住宅相談は、住宅サポート建築設計事務所 お気軽にお問合わせ下さい tel.089-933-0992 お問い合わせフォーム 松山の住宅相談は、住宅サポート建築設計事務所 お気軽にお問合わせ下さい tel.089-933-5241 お問い合わせフォーム